各種お問合せ

コラムCOLUMN

内定式の準備で押さえたい4つのポイント

新卒採用担当者、就活学生にとって一つの節目となるのが内定式です。1時間程度の式典のみで終わらせる企業が多いものの、工夫次第では様々な効果をもたらすことができます。内定者が集まる貴重な機会において、効果を最大化させる方法をご紹介します。

内定式の目的

まずは内定式の目的を確認しましょう。代表的なものとして下記の4つが挙げられます。

(1)入社意識の向上

内定証書を授与し、内定承諾書に記入・捺印して提出させるというプロセスを通じて、入社に向けた覚悟を促し、学生から社会人への意識が変わる最初の機会にすることができます。社長や役員、人事部長からの講話により、改めて自社のビジョンや事業の方向性なども確認することができます。

(2)不安の払拭

内定式を経ると内定辞退者は減る傾向にあるものの、入社に対する不安を払拭しきれない内定者もみられます。いわゆる内定ブルーです。この不安には「①自社に対する不安 ②先輩社員や同期に対する不安 ③自分自身に対する不安」の3つがあります。この時期特有の不安としては②③の混合系があります。内定式で同期と会い、同期に対して壁を感じたり、同期と比較をして劣等感を感じるというものです。これらの不安が入社後も続くと、早期離職につながる可能性もありますので、不安が大きくなる前に払拭したり、そもそも不安が生まれないように予防することが重要です。

(3)適性の確認

内定者とコミュニケーションを取ることによって入社後の配属を検討する場合もあります。式典後に内定者一人ひとりと希望配属先のヒアリング面談をする場合や、グループワークや適性テストを行って適性を測ることもあります。

(4)入社に向けた戦力化

内定者フォローの目的を「内定式までは辞退防止」、「内定式後は入社に向けた戦力化」と切り替える会社が多くあります。内定式後からは研修やeラーニング等を行う場合が多いようです。

この4つのポイントを抑えてご準備されると、より効果的な場になるかと思います。

 

内定式のスケジュール・内容

前述の4つのポイントを押さえて内定式を実施している企業の事例をご紹介します。
特徴としては「不安の払拭」と「入社に向けた戦力化」を押さえている点です。

具体的には、まず人事部長から「学生と社会人の違い」について講話頂き、社会人は成果を目指す必要があることをお話頂きます。
その訓練として、グループワーク(具体的な成果を目指す形式のもの)に取り組んで頂き、ワーク後に表面化したお互いの強み・弱みを内定者同士でフィードバックし合います。受けたフィードバックを基に自身の強み・弱みを自己分析して同期同士シェアさせます。

これらにより同期の弱みについて知り、同期への劣等感を解消し、関係性を向上させます。
さらに成果にこだわるマインドを醸成し、入社に向けた戦力化を促しています。

 

15:00~15:05 開会の辞

15:05~15:20 社長の講和
                      -内定者への期待・企業ビジョンについて

15:20~15:40 内定証書の授与

15:40~15:50 内定者代表の決意表明

15:50~16:00 人事部長の講話
                      -学生と社会人の違いについて

16:00~17:00 グループワーク
                      -内定者の強み・弱みが表面化しやすいワークを実施

17:00~17:30 相互フィードバック
                      -グループワークで見えたお互いの強み・弱みを相互にフィードバック

17:30~17:40 自己分析
                      -フィードバックを踏まえ、自身の強み・弱みを整理し、入社まで                       の目標を設定

17:40~18:00 全体共有
                      -自身の強み・弱み、目標内容を全体に発表

18:00~          懇親会

 

 

内定式後に効果的なグループワークの例

前述した成果にコミットする訓練ができ、内定者の強み・弱みが表面化しやすいワークとして、例えば「菓子メーカー商品開発会議」があります。
楽しみながら取り組めるグループワークなので、内定者同士の関係性向上やアイスブレイクにも使えます。
相互フィードバックや自己分析に使えるワークシートは無料ダウンロード頂けるため、組み合わせて使うと効果的です。

≪ワークの流れ≫
①ミッションの提示
参加者は菓子メーカーの若手社員として、新商品開発に取り組むというミッションが課されます。
成果にコミットする訓練として全力を尽くすことを促します。

  

②市場調査
与えられた情報シート(自社のロングセラー商品の情報、菓子市場の情報、競合他社の情報など)から市場動向を把握します。リアルな情報を与えることで仕事をしているという感覚を与え、仕事をしている時の自分をイメージさせます。

③商品企画会議
市場調査を基に消費者ターゲットや商品コンセプト、商品内容などを決定します。
ビジネスの要素を凝縮したワークなので、仕事をする上で生じる強み・弱みが表面化します。

④プレゼンテーション
企画内容を全体に発表します。参加者同士で投票し合い、優勝チームを決定します。

⑤振り返り(相互フィードバック)
グループワーク中に見えたチームメンバーの強み・弱みをフィードバックシートを用いて、フィードバックし合います。就活中の自己分析では見えない、他者評価による自分の強み・弱みを把握します。

⑥目標設定・共有
相互フィードバックを基に自分の強み・弱みを整理し、入社までの目標設定をします。
その内容を内定者同士で共有し合います。お互いの強み・弱みを理解し合います。

これらにより同期同士でお互いの強み・弱みを理解し合い、それにより同期への劣等感を解消したり関係性を向上させます。さらに成果にこだわるマインドを醸成し、意識の切り替え、戦力化を促すことができます。

貴社の状況に応じたワーク、使い方をご紹介いたします。
お気軽にお問い合わせください。

≪内定式後に使えるオススメワーク≫
体育祭MVP決定会議
仕入れバランス検討ワーク
菓子メーカー商品開発会議
優秀社員選出ワーク

インターンシップや内定者イベントで、学生に自己分析ワークをさせるときに活用できるツール一式を差し上げます。
お役立ちコンテンツページよりダウンロードください。(無料です)


― お問合せ、体験会申込等は以下にて承っております。―

お問合せ 体験会
ご不明点やご相談のある方は、下記の「よくある質問」または「お問い合わせ」よりご連絡ください。 当商品の体験をご希望の方は下記よりお申込みください。
よくある質問   お問合せ 無料体験会申し込み
お気軽にお電話ください。
受付時間 平日9:00〜17:00
03-6451-8581

一覧に戻る