各種お問合せ

新入社員見極めゲーム

新人の名刺獲得研修に取り組む姿勢から、その後の成長を見極めるコンセンサスワーク

用途
料金プラン

新入社員見極めゲームとは

与えられた情報を基に、制限時間内にグループで1つの結論を出すコンセンサス(合意形成)ワークです。 ストーリーでは、システム会社の新人5人が登場し、アポなし訪問で名刺獲得枚数を競う「名刺獲得研修」に取り組みます。参加者は、その研修に取り組む新人5人の中で、「名刺獲得研修での成果」と「1年後の成長」のそれぞれ2つに対して、最も期待が持てる新人の順番を考え、決定します。 参加者それぞれの異なる考えや意見を、グループ全員が納得する回答を目指して話し合う過程で、合意形成の難しさやコミュニケーションの重要性に気付くことが出来るグループワークです。

ワークの流れ

  1. 1

    ルール説明(5分)
    グループワークの進め方やミッションを説明します。

  2. 2

    個人ワーク(7分)
    情報シートを読み、ワークシートの個人ワーク欄に記入します。

  3. 3

    グループワーク(25分)
    グループ内で議論し、グループワーク欄に結論を記入します。

  4. 4

    発表(1分×6グループ)
    結論や理由を全体に向けて、各グループ発表します。

実施形式

  1. 人数

    4~8名/グループ
    ※1セット36名分(6名×6グループ分想定)が実施可能です。

  2. 時間

    ●インターンシップ60分
    ●選考50分
    ●内定者フォロー60分

    ※用途に応じて実施時間は調整可能です。

ワークツール一覧TOOLS

レンタルツール(1セットあたり6チーム分)

  • 情報シート表(ミッション内容や進め方などが記載)
  • 情報シート裏(状況設定や候補に関する情報などが記載)

データツール※ 購入後ダウンロード

  • 進行用スライド 
  • 運営用マニュアル
  • ワークシート
  • 評価シート
  • 評価マニュアル

グループワークの特徴CHARACTERISIC

ワーク難易度
易しい普通やや難しい難しい
運営しやすさ
易しい普通やや難しい難しい
おすすめ用途
インターンシップ選考内定者フォロー研修

グループワークの効果EFFECT

インターン

インターンフォローで利用することで、以下の効果、学びを期待できます。

  • チームビルディング
  • コミュニケーション
選考

選考フォローで利用することで、以下の効果、学びを期待できます。

  • 発信力
  • 論理構築力
  • 協調性
  • リーダーシップ
内定者
フォロー

内定者フォローで利用することで、以下の効果、学びを期待できます。

  • 働く価値観
  • チームビルディング
  • コミュニケーション

価格表PRICE

インターンシップ・選考・内定者フォローでお使い頂けるグループワークを必要な期間だけ、リーズナブルにレンタル頂けます。
レンタル期間に合わせ3種類の価格をご用意しております。
用途やご予算に合わせて、グループワークをお探しください。

2週間レンタル
¥78,000
4週間レンタル
¥117,000
8週間レンタル
¥156,000

ご利用の流れFLOW

  1. 1
    お申し込み情報記入
    以下のお申し込みフォームより、貴社情報や必要数、到着日などを記入ください。
  2. 2
    確認のご連絡
    当社よりお申し込み内容に関する確認のご連絡をメールにて致します。
  3. 3
    商品の発送
    確認の後にご指定の到着日までに当社より商品を発送いたします。

お申し込みAPPLICATION

このグループワークを申し込む

お問合せ、体験会申込等は以下にて承っております。

お気軽にお電話ください受付時間 平日9:00〜17:00
03-6451-8581

開発者のコメント

新入社員見極めゲームは、正解のないテーマに対して自ら考え、結論を出して頂く合意形成のディスカッションワークです。
これまで行ったことがない物事に、どのようなスタンスで取り組むべきか、というテーマの基、自分なりの順位付けとその理由をまとめて頂きます。その後、グループでディスカッションを行い、グループごとでの設問に対する最終的な順位と理由を決定します。
参加者それぞれの物事の捉え方や価値基準によって、結論が異なるよう情報が設計されております。
仕事では、考え方が違うメンバー同士で意見を出し合い、最も成果が出るであろう結論を出すことが求められます。その点より、新入社員見極めゲームでは、仕事に近い場を提供することが可能です。インターンシップや選考、内定者フォローにおいて、ワーク中参加者がどのような発言などを行うのかが見えやすく、運営準備も少ないワークとして開発致しました。