各種お問合せ

ベストツアー選定ワーク

旅行会社内で企画された12のツアーから、重点販売ツアー3つを決定する競争型グループワーク

用途
料金プラン

ベストツアー選定ワークとは

参加者一人一人に与えられた情報を、メンバーに分かり易く、魅力的に伝え、参加者同士でアピールし合う競争型グループワークです。 ストーリーでは、旅行会社の国内各エリアでのツアーから、来年重点販売する3つのツアーを選定する会議が行われます。全国6つのエリアから2つずつ、計12のツアーが候補として挙がっており、参加者は各エリアの担当として、担当エリアのツアーが自社の重点販売ツアーに選定されるようアピールし合います。 諦めや妥協をすることなく、相手に分かり易く情報を伝えられるかが試されます。自分で前に出なければならない、これまでにない新しいタイプのグループワークです。

ワークの流れ

  1. 1

    ルール説明(6分)
    グループワークの進め方やミッションを説明します。

  2. 2

    エリア決定(1分)
    エリアカードを取り、担当エリアを決定します。

  3. 3

    資料読み込み(10分)
    配布情報、カード情報を読み込み、議論の筋道を立てます。

  4. 4

    ツアー決定会議(40分)
    ディスカッションによりベストツアーを決定します。

実施形式

  1. 人数

    6名/グループ
    ※1セットで6名×6グループ分が実施可能です。

  2. 時間

    ●インターンシップ90分
    ●選考60分
    ●内定者フォロー90分

    ※用途に応じて実施時間は調整可能です。

ワークツール一覧TOOLS

レンタルツール(1セットあたり6チーム分)

  • ルールシート(ミッション内容や進め方などが記載)
  • 全体情報シート(状況設定や候補に関する情報などが記載)
  • エリアカード
  • 候補ツアーカード
  • 決定ボード

データツール※ 購入後ダウンロード

  • 進行用スライド
  • 運営用マニュアル
  • ワークシート
  • 評価シート
  • 評価マニュアル

グループワークの特徴CHARACTERISIC

ワーク難易度
易しい普通やや難しい難しい
運営しやすさ
易しい普通やや難しい難しい
おすすめ用途
インターンシップ選考内定者フォロー研修

グループワークの効果EFFECT

インターン

インターンで利用することで、これらの効果、学びを期待できます。

  • チームビルディング
  • コミュニケーション
選考

選考で利用することで、これらの効果、学びを期待できます。

  • 主体性
  • 状況対応力
  • 発信力
  • 規律性
内定者
フォロー

内定者フォローで利用することで、これらの効果、学びを期待できます。

  • コミュニケーション
  • チームビルディング
  • プレゼンテーション

価格表PRICE

インターンシップ・選考・内定者フォローでお使い頂けるグループワークを必要な期間だけ、リーズナブルにレンタル頂けます。
レンタル期間に合わせ3種類の価格をご用意しております。
用途やご予算に合わせて、グループワークをお探しください。

2週間レンタル
¥98,000
4週間レンタル
¥147,000
8週間レンタル
¥196,000

ご利用の流れFLOW

  1. 1
    お申し込み情報記入
    以下のお申し込みフォームより、貴社情報や必要数、到着日などを記入ください。
  2. 2
    確認のご連絡
    当社よりお申し込み内容に関する確認のご連絡をメールにて致します。
  3. 3
    商品の発送
    確認の後にご指定の到着日までに当社より商品を発送いたします。

お申し込みAPPLICATION

このグループワークを申し込む

お問合せ、体験会申込等は以下にて承っております。

お気軽にお電話ください受付時間 平日9:00〜17:00
03-6451-8581

開発者のコメント

ベストツアー選定ワークは、参加者が担当する情報を同じグループの参加者に対して分かり易く、魅力的に伝える競争型グループワークです。参加者は自分の担当エリアの2つのツアーにおけるアピールポイントや改善ポイントを踏まえ、他参加者とアピールし合います。利害が一致しない参加者同士が話し合うので、結論はなかなか出すことが出来ません。そのような状況でも、最後まで諦めることなく、意欲的に取り組むことができるかが重要になってきます。また、決められた設定・ルール内で、如何に自分が保有するリソースを相手に魅力的に伝えられるか、などが通常のグループワーク以上に見ることが出来ます。ベストツアー選定ワークは、インターンシップや選考、内定者フォローにおいて、利害が一致しない状況下で参加者個人がどのような発言などを行うのかが見えやすい、これまでにないワークとして開発致しました。